こどもちゃれんじの『baby』

こどもちゃれんじの『baby』

ベネッセコーポレーションが提供する幼児向け通信教育教材こどもちゃれんじは、子どもの年齢に合わせてさまざまなコースを用意しています。その中でこどもちゃれんじbabyは、最も低年齢の生後6カ月から、1年6カ月の月齢の子どものために用意されたコースです。

 

この時期の乳児に向けた教育教材というのは、他に例がありません。0歳児は、見る力がまだ整っておらず、物をはっきり識別できないので教育教材を与えるのは難しいものです。

 

反面、この時期の乳児は、視覚、聴覚などが急激に発達し、寝返りができるようになったり、はいはいができるようになったり、急激にできることが増えていきます。たった1カ月のあいだでも、できることや興味をもつことがどんどん変わってきて、おもちゃもすぐ飽きてしまったりします。

 

こどもちゃれんじbabyの最大の特徴は、子どもの月齢に合わせた教材を送ってくれるということです。例えば、座れるようになる月齢6カ月の子どもには、座った状態で音や動きが楽しめる、起き上がりこぼしが送られます。

 

その子どもの誕生月に合わせて、教材が送られ来るシステムになっているのです。ですから、月齢に合わせたプログラムで、無理なく心と体が育ちます。もちろん子どもの成長には個人差があり、必ずプログラム通りにできることが増えるわけでは、ありません。その場合は子どもの実際の月齢より遅い月齢号を送ってもらったり、早めてもらうことも可能です。

 

また、話ができない乳児とどうやって遊んであげたらいいのか分からず、悩む親も多いようです。こどもちゃれんじbabyの教材は親子で遊びやすく、「赤ちゃんが喜ぶ遊び方」など親子のコミュニケーションを深めるための情報がたくさんつまっていて安心です。

 

また、親が初めて育児に取り組む場合、いろいろわからないことが多く不安にりますが、こどもちゃれんじbabyは、親の不安や悩みにも対応しています。毎月、育児雑誌が一緒に送られ、離乳食の進め方から、歯みがきの仕方までていねいに解説してくれるので安心です。


こどもちゃれんじ公式サイトはこちら

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

アドセンス広告