こどもちゃれんじプラス

こどもちゃれんじプラス

ベネッセの「こどもちゃれんじ」は、古くから子供たちの豊かな心を育てるために、多くの保護者から利用されている教育教材シリーズです。こどもちゃれんじには、子供の感受性、知的好奇心を豊かに育むためのコースがいくつか用意されています。

 

こどもちゃれんじには、「こどもちゃれんじプラス」というオプションがあります。このこどもちゃれんじプラスには、「ぷち」「ぽけっと」「ほっぷ」「すてっぷ」「じゃんぷ」の5講座があり、それぞれオプション教材「プラスコース」があります。

 

こどもちゃれんじプラスのオプション教材には「読み聞かせプラスコース」、「好奇心プラスコース」、「知育プラスコース」の3つがあり、目的によってコース選ぶことができます。まずは、絵本が届く「読み聞かせプラスコース」についてです。

 

絵本の読み聞かせは子供の豊かな感性を伸ばすために効果的です。このコースは1?2歳児向けとなっており、幅広いテーマの絵本が届けられます。

 

絵本には保護者向けの情報もついており、読み聞かせのヒントや、絵本を通したさらなるふれあいのための参考として利用できます。4月は「はるですよ」、5月は「いた いた みつけた」といった風に、個性豊かな絵本が毎月届けられます。

 

次は知育プラスコース「すてっぷ」ついてです。ひらがなや数への興味が高まる、2005年?2006年生まれのお子様向けのコースです。

 

小学校での学習に向けた、「じっくり考える体験」が可能な内容となっています。ひらがなを書いたり、数・図形の問題を繰り返し挑戦することで、考える習慣とテーマに対する理解が身に付きます。

 

単に問題を解くだけでなく、発展問題や融合問題を解くによって自信と意欲を高めることができます。内容は「ひらがなのなぞり書き」、「図形・数」、「間違い探し」の3冊となっています。

 

「好奇心プラスコース」では、知的好奇心が高まる時期に、身近な自然や科学について観察・比較することで、自分で考える力を伸ばします。


こどもちゃれんじ公式サイトはこちら

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

アドセンス広告