こどもちゃれんじの『すてっぷ』

こどもちゃれんじの『すてっぷ』

こどもちゃれんじのすてっぷは、ベネッセコーポレーションの幼児向け通信教育教材こどもちゃれんじシリーズの4歳?5歳向けコースです。4歳?5歳の子どもの発達にぴったり合った、学び・遊びの教材が毎月届けられます。

 

4歳?5歳の子どもは、文字や数の興味が急激に高まり、いろいろなことを知りたい!という意識が高まる時期を迎えます。どうして?なんで?といった質問が多くなり、子どもの成長が嬉しい反面、子どもの好奇心を満足させるのに苦労する親も多いことでしょう。

 

また、保育園、幼稚園にほとんどの子どもが通うようになり、集団生活の中で社会性を学びはじめることになります。親と遊ぶだけでなく、友達と遊ぶことが楽しくなってくるのもこの時期です。

 

こどもちゃれんじのすてっぷは、子どもの知りたい!という意識を高め、「自分で考える力」まで引き出してくれます。ひらがなの書き方、数の概念についても、ゲーム感覚で楽しく遊ぶうちに自然に身に付けることができるのです。

 

ひらがなについても、ただ書き方を練習するだけではありません。音声や光を出す楽しいエデュトイを使って遊びながら覚えたり、DVDなどで視覚的に覚えたりすることができます。

 

エデュトイ、ワーク、DVDなどを連動して、いろいろな角度から学ぶことができるのです。その結果、4歳?5歳の子どもには、かなり高度とも思える時計、図形についても遊びながら理解することができるようになります。

 

また、集団生活が始まり、周りの人の気持ちを知る、ルールを守ることが大事になってくる時期でもあります。こどもちゃれんじすてっぷではそのような社会性を学ぶこともできます。

 

友達との関わり方や家族との約束などをどのように考えたらいいのか、絵本やDVDなどで考えさせます。相手の気持ちはどうなのか想像したり、どう行動すればいいのか考える力も楽しみながら身につけることができるのです。

 

将来につながる知的好奇心や社会性は、この時期に大きく育てることができるのです。


こどもちゃれんじ公式サイトはこちら

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

アドセンス広告